Blossom Arrows

From Fate/Grand Order Wiki
Jump to: navigation, search


4★
1003
Blossom Arrows
花の矢
Portrait CE 1003.png
Attack
100 - 100
HP
100 - 100
Cost
9
Artist


Skill
Skill Icon Quick Up.png
Effect (LB)
When equipped on Kama (Assassin), Increases party's Quick performance except herself by 15% and critical damage except herself by 20% while she is on the field.
Obtained
Reach Bond Level 10 with Icon Servant 239.png

Description

English Japanese
Do you know of 『■』? Of ■'s shape, of ■'s hardness

Of ■'s colour, of ■'s fragrance
Of ■'s effects, of ■'s guilts
Of ■'s terrors, of ■'s pleasures.

That it is the one that redeems people
That it is the one that kills people

The god who had this arrow knew ■ too well, went too close to ■, and got tired.


Thus said god hates, looks down on, and mocks everything.
But, at the same time, it means that said god 『cares about everything』


The nature of this god is that it『hates everything other than itself』
and at the same time it 『■s everything other than itself』
...So, in other words It cannot ■ itself.


"To make a happy person unhappy."
"To see an unhappy person even more unhappy."
"To hinder other person's love affair and make it a mess."
"To harass, and to do sadistic thing." "I will shoot this beutiful arrow of flower(s)."
"So I can fulfil my role as an evil Cupid."


That is a natural course of action.
Because to said god, it is the only way to be involved in ■.


But maybe, yet perhaps
The fact that it haven't give up on trying to be involved in means,
Maybe----
Perhaps, the god is waiting.
For a phantasm that is brimming over everywhere like infinite stars in this universe
Yet only absent inside it.
Maybe the god is waiting for the moment that it is awarded from someone else.

Thus I ask.
Do you know of 『■』?
You are, perhaps, the only one in the right position to award it to the god.
Do you know of, its greatness?


If you do,
If you can teach it to the tired god,
To her who does not know what is it like to be ■ed,
Someday----

あなたは『■』の事を知っているだろうか。

■の形状を。■の強度を。
■の色彩を。■の芳香を。
■の効能を。■の罪科を。
■の恐怖を。■の快楽を。

それが人を救うものである事を。
それが人を殺すものである事を。

この矢を持つ神は、■を知りすぎ、■に近すぎ、
そして倦んだ。
故にその神はあらゆるものを嫌い、見下し、嘲笑う。
だがそれは同時に『あらゆるものを気に懸けている』
という意味でもある。
この神の特性は『自分以外の全てのものを嫌い』
ながら、『自分以外の全てのものを■せる』
という事にあるのだ。
……ただしそれは、言い換えるならば。

自分だけは■せない、という事でもあるのだが。

幸福そうな人間を不幸にするために。
不幸な人間がさらに不幸になるのを見るために。
他人の恋愛を捏ねくりまわして滅茶苦茶にするために。
真綿で首を絞めるような、そんな嗜虐のために。
ほら、美しき花の矢を放ちましょう。
極悪なキューピッドの役目を果たしましょう。

それは至極当然の行動。
その神にとっての■への関わり方は、
もはやそれしかないのだから。

けれど、あるいは。
関わる事自体を止めようとしていないという事は。
ひょっとしたら―――
その神は、待っているのかもしれない。
この宇宙に星屑のように溢れているのに、
自分の中にだけ存在しないその幻が。
誰かの手で与えられる時を待っているのかもしれない。

だから問うのだ。

あなたは『■』の事を知っているだろうか。
唯一、その神にそれを届けられる
位置にいるであろう、あなたは。
ただ一つ、その素晴らしさを知っているだろうか?

もしそうなら。
もし、倦んだ神にそれを教える事が出来るのなら。
■される事を知らない彼女の中にも、 いつかは―――


Similar CEs

Icon CE 0004.png
Icon CE 0014.png
Icon CE 0024.png
Icon CE 0032.png
Icon CE 0065.png
Icon CE 0071.png
Icon CE 0162.png
link=[Heaven's Feel]
Icon CE 0211.png
Icon CE 0220.png
Icon CE 0233.png
Icon CE 0239.png
Icon CE 0244.png
Icon CE 0251.png
Icon CE 0255.png
Icon CE 0257.png
Icon CE 0258.png
Icon CE 0260.png
Icon CE 0270.png
Icon CE 0284.png
Icon CE 0286.png
Icon CE 0289.png
Icon CE 0293.png
Icon CE 0295.png
Icon CE 0317.png
Icon CE 0344.png
Icon CE 0375.png
Icon CE 0386.png
Icon CE 0395.png
Icon CE 0409.png
Icon CE 0548.png
Icon CE 0549.png
Icon CE 0570.png
Icon CE 0575.png
Icon CE 0587.png
Icon CE 0642.png
Icon CE 0648.png
Icon CE 0651.png
Icon CE 0652.png
Icon CE 0663.png
Icon CE 0669.png
Icon CE 0677.png
Icon CE 0693.png
Icon CE 0701.png
Icon CE 0788.png
Icon CE 0794.png
Icon CE 0859.png
Icon CE 0862.png
Icon CE 0888.png
Icon CE 0898.png
Icon CE 0904.png
Icon CE 0905.png
Icon CE 0921.png
Icon CE 0942.png
Icon CE 0990.png
Icon CE 0999.png
Icon CE 1003.png
Icon CE 1007.png
Icon CE 1020.png
Icon CE 1083.png
Icon CE 1103.png
Icon CE 1107.png
Icon CE 1112.png
Icon CE 1126.png
Icon CE 1128.png