Temperance and Lies and Bittersweet

From Fate/Grand Order Wiki
Jump to: navigation, search
{{CEInfoBox|jponly=yes|name=Temperance and Lies and Bittersweet|id=0755|rarity=4|minatk=0|maxatk=0|minhp=0|maxhp=0|cost=3|jpname=節制と嘘とビタースイート|artist=Okayuu|imagetype=None|effect1=Provide 30,000 experience for Craft Essence enhancement.|effect2=|effect3=|effect4=|LB1=|LB2=|LB3=|LB4=|desc=|descjp=シバの女王からのバレンタインチョコ。

―――昔々、とある砂漠の国で。
高名なる僧侶さまが広められたと囁かれる
薫り香ばしき琥珀色の飲み物、それが『珈琲』。
過去には、重税からの解放を意味する自由の象徴であり、
現代に至るまでずっと、会話を陽気に咲かせ、恋を実らせる魅惑の一服でもあった。

カカオを原料とする『チョコレート』もまた
当初は飲料として嗜まれた上流階級にふさわしい高級品だった。
優れた効能が評価され、発祥のメソアメリカでは、それ自体が貨幣の役割も果たした。

で、あるならば……
精霊の目を持ち、現代でも通用する鑑定の眼力を誇る、かの女王が
ふと、深夜でも煌々と輝く雑貨商に立ち寄り、どこか懐かしいこの菓子を手に取ったのも不思議なことではない……。
―――そう。
とある商機を期待して。
意味もなく店内をうろついて、ただ暇をつぶしたり―――
困惑する店員に、思わせぶりな視線を幾度も向けてみたり―――
そういった行為もまた、まったく奇妙なエピソードではない。

※審議中
【エハド某】「むりみある」
【シュタ某】「店員マジ店員。完全スルー無表情」
【シャロ某】「おばちゃんムーブさ、放置でいいね。面白いから」|characters=None|obtained=Prosperous Chocolate Gardens of Valentine:
Icon Servant 194.png