Difference between revisions of "Scáthach-Skadi/Dialogue"

From Fate/Grand Order Wiki
Jump to: navigation, search
Line 35: Line 35:
 
『{{Ruby|死溢るる魔境への門|ゲート・オブ・スカイ}}』!
 
『{{Ruby|死溢るる魔境への門|ゲート・オブ・スカイ}}』!
 
さあ、しもべ達。私の敵を殺せ」|TL}}
 
さあ、しもべ達。私の敵を殺せ」|TL}}
{{NPDialogue|Noble Phantasm 2|Eng|「私の知らぬ影の城。私が有する影の城。空より来たれ、此処へ来たれ。
+
{{NPDialogue|Noble Phantasm 2|The castle of shadows that I do not know.
 +
My castle of shadows.
 +
Come from the sky... Come to me.
 +
Gate of Skye.
 +
Come, and bring me victory.|「私の知らぬ影の城。私が有する影の城。空より来たれ、此処へ来たれ。
 
『{{Ruby|死溢るる魔境への門|ゲート・オブ・スカイ}}』!
 
『{{Ruby|死溢るる魔境への門|ゲート・オブ・スカイ}}』!
 
私に勝利をもたらしなさい」|TL}}
 
私に勝利をもたらしなさい」|TL}}
Line 51: Line 55:
 
{{Dialogue|Bond Level 1|I am Scáthach-Skadi. I am a god...no, a kind of Divine Spirit, now. Normally, I would not become a Servant as a Heroic Spirit fighting for humanity, but... Whatever. I will allow you to serve me, human.|「私はスカサハ=スカディである。神、いや、今は神霊の一種であろうな。本来人理の英霊としてサーヴァントになるはずはないのだが、まぁ良い。私に仕えることを許そう、人間」|TL}}
 
{{Dialogue|Bond Level 1|I am Scáthach-Skadi. I am a god...no, a kind of Divine Spirit, now. Normally, I would not become a Servant as a Heroic Spirit fighting for humanity, but... Whatever. I will allow you to serve me, human.|「私はスカサハ=スカディである。神、いや、今は神霊の一種であろうな。本来人理の英霊としてサーヴァントになるはずはないのだが、まぁ良い。私に仕えることを許そう、人間」|TL}}
 
{{Dialogue|Bond Level 2|Do not address me simply as Scáthach. I am not her. Do not think of me as a Heroic Spirit in service of humanity like the others. So how should I be addressed? Hmm.... Address me as "Great Scáthach" with all due reverence. Do you understand?|「スカサハ、と呼び捨てにするのは止めるがよいぞ。それは私ではない。人理の英霊などと一緒にするでない。ならば何と呼べばよいか……だと? そうさな。ふむ。ではスカサハ様と呼ぶが良い。様付けだ。良いな」|TL}}
 
{{Dialogue|Bond Level 2|Do not address me simply as Scáthach. I am not her. Do not think of me as a Heroic Spirit in service of humanity like the others. So how should I be addressed? Hmm.... Address me as "Great Scáthach" with all due reverence. Do you understand?|「スカサハ、と呼び捨てにするのは止めるがよいぞ。それは私ではない。人理の英霊などと一緒にするでない。ならば何と呼べばよいか……だと? そうさな。ふむ。ではスカサハ様と呼ぶが良い。様付けだ。良いな」|TL}}
{{Dialogue|Bond Level 3|Eng|「うん? いや違うぞ。スカサハではない。スカサハ様じゃ。スカサハ=スカディである。見るがいい。肌のはりとか私の方が絶対勝ってる。はっ……やめよやめよ。むやみやたらに近づくでない。人間の熱を私はあまり好まぬ」|TL}}
+
{{Dialogue|Bond Level 3|Hm? Wrong. I'm not Scáthach. I am Great Scáthach. I am Scáthach-Skadi. Look closely. you will notice the glow of my skin, far superior to hers!
{{Dialogue|Bond Level 4|Eng|「あつぅーぃ……はっ! な、なんじゃ。やめよ。今のは聞かなかったことにせよ。死ね。凍えて死ね。氷となって私をひんやりさせよ」|TL}}
+
...Uh.
 +
Never mind. Don't get too close to me. The warmth of human bodies is uncomfortable!|「うん? いや違うぞ。スカサハではない。スカサハ様じゃ。スカサハ=スカディである。見るがいい。肌のはりとか私の方が絶対勝ってる。はっ……やめよやめよ。むやみやたらに近づくでない。人間の熱を私はあまり好まぬ」|TL}}
 +
{{Dialogue|Bond Level 4|Sooo hot...
 +
Wh-what? Cut it out. Forget what you just heard. Die. Freeze and die. Turn to ice to cool me down!|「あつぅーぃ……はっ! な、なんじゃ。やめよ。今のは聞かなかったことにせよ。死ね。凍えて死ね。氷となって私をひんやりさせよ」|TL}}
 
{{Dialogue|Bond Level 5|Eng|「お前に、一つの秘密を明かしておこう……。異聞帯での私は多くの神々に愛され、求婚され続けた女神であったものの……気づけば、ラグナロクの果てに全ての神々は姿を消していた。私は北欧世界に残された最後の神になってしまったのだ。つまり……だから……だな? 行き遅れや婚期を逃した、といった言葉は、我が前で不用意に口にするでない。よいな? よーいーな! 返事!」|TL}}
 
{{Dialogue|Bond Level 5|Eng|「お前に、一つの秘密を明かしておこう……。異聞帯での私は多くの神々に愛され、求婚され続けた女神であったものの……気づけば、ラグナロクの果てに全ての神々は姿を消していた。私は北欧世界に残された最後の神になってしまったのだ。つまり……だから……だな? 行き遅れや婚期を逃した、といった言葉は、我が前で不用意に口にするでない。よいな? よーいーな! 返事!」|TL}}
 
{{Dialogue|Conversation 1|I desire ice cream. It is such a terribly delicious thing. Ah, don't you have something you should be doing? How long are you just going to stand around?|「アイスクリームを所望する。あれは良いものだ。うむ。……ところで貴様、仕事はないのか? いつまでこんなところにいる」|TL}}
 
{{Dialogue|Conversation 1|I desire ice cream. It is such a terribly delicious thing. Ah, don't you have something you should be doing? How long are you just going to stand around?|「アイスクリームを所望する。あれは良いものだ。うむ。……ところで貴様、仕事はないのか? いつまでこんなところにいる」|TL}}

Revision as of 18:41, 30 July 2020


  General   Dialogue   Campaigns   Trial Quest    

Featured in Dialogue for the Following Servants

Dialogue

Voice Line English Japanese Fan Translation Sound Clip
Summon
Oh, did such a tiny thing as you...summon me, ruler of ice and snow? I am the Divine Spirit Scáthach-Skadi. I am the bride of the ancient Norse gods, a former queen, and Lostbelt Servant 「……おや、小さきものか。死の氷雪に君臨する我が身を呼んだのは。私は神霊スカサハ=スカディ。北欧の古き神々の花嫁にして、かつて女王であった異聞帯ロストベルトサーヴァントである。」 TL
Level Up
A Divine Spirit does not grow. Nor do they age. Mhmm. 「神霊は成長などせぬ。年も取らぬ。ふふん」 TL
Ascension 1
Eng 「霊基をいささか変えてみた。何か言うことはないか?似合っているとか美しいとか。ふっ、神の女王を称賛することを許すぞ?」 TL
Ascension 2
Eng 「霊基を多少いじったところで……いや待てよ。これは或いは」 TL
Ascension 3
Eng 「この衣とはな……これは、かつて北欧を支配せし我が決意と覚悟の象徴。もう二度と砕けることはない。絶対にだ」」 TL
Ascension 4
Eng 「褒めてつかわす。なかなか見所のあるやつだな、貴様は」 TL
Battle Lines
Battle Start 1
Shall I love you, or shall I kill you? 「愛そうか、殺そうか」 TL
Battle Start 2
I have decided. You are doomed to melt in the shadow of my castle. 「決めたよ。お前は、我が城の影に溶けるしかなかろう」 TL
Skill 1
Eeny, meeny, miny, moe. 「どーれーにーしーよーうーかーな」 TL
Skill 2
O ancient runes... 「古きルーンよ」 TL
Skill 3
Teehee. I can even do this... 「フフ……こういうこともできる」 TL
Command Card 1
Teeheehee. 「フフフ……」 TL
Command Card 2
What? 「なんだと?」 TL
Command Card 3
Is that an order? 「命令とな」 TL
Noble Phantasm Card 1
I suppose... 「まあ、いいだろう」 TL
Noble Phantasm Card 2
Just this once. Bow down and weep tears of joy. 「特別だ。こうべを垂れて感涙に咽べ」 TL
Attack 1
Ahahaha! 「あっはは」 TL
Attack 2
So weak! 「脆い脆い!」 TL
Attack 3
Take that! 「こうだ」 TL
Attack 4
Fufufu? 「フフフ」 TL
Attack 5
How is that? 「どうかな」 TL
Attack 6
Here goes! 「そうれ!」 TL
Attack 7
Heh heh. With modesty... 「フフ、ささやかに」 TL
Attack 8
Kaboom! 「ずどーん!」 TL
Extra Attack 1
Lower your head. Kneel before a god! 「頭が高い。神にひれ伏せ!」 TL
Extra Attack 2
Odin, grant me power! 「オーディン。私に力をくれ!」 TL
Extra Attack 3
I will allow it. You will end here... 「許す。ここでお前は終われ」 TL
Noble Phantasm 1 O power that is tied to my name. Answer me and open the gates. Come, my castle...my castle of shadows. Gate of Skye! Now, my subordinates...kill my enemies! 「我が名に紐付けられし力、我が声に応えて門を開け。来たれ我が城、影の城。

死溢るる魔境への門ゲート・オブ・スカイ』! さあ、しもべ達。私の敵を殺せ」

TL
Noble Phantasm 2 The castle of shadows that I do not know.

My castle of shadows. Come from the sky... Come to me. Gate of Skye. Come, and bring me victory.

「私の知らぬ影の城。私が有する影の城。空より来たれ、此処へ来たれ。

死溢るる魔境への門ゲート・オブ・スカイ』! 私に勝利をもたらしなさい」

TL
Noble Phantasm 3 Eng 「我が名に紐付けられし力、我が声に応えて門を開け。来たれ我が城、影の城。

死溢るる魔境への門ゲート・オブ・スカイ』! さあ、しもべ達。私の敵を殺せ」

TL
Damage 1
Kyaaah! 「くあああああ!」 TL
Damage 2
Kngh. 「くっ」 TL
Incapacitated 1
Not powerful enough, huh? Heh...pathetic. 「力足らずか……くっ……無様だな……」 TL
Incapacitated 2
Is there someone...anyone...who will help me...? 「誰か……誰かいないのか……? 私を、助ける者は……?」 TL
Victory 1
Did I step on something? 「何か、踏んでしまったかな?」 TL
Victory 2
I will not permit you to give up until you have frozen and shattered to pieces. 「震え、凍てつき、砕け散る時まで、諦めることは許さんぞ?」 TL
My Room Dialogue
Bond Level 1
I am Scáthach-Skadi. I am a god...no, a kind of Divine Spirit, now. Normally, I would not become a Servant as a Heroic Spirit fighting for humanity, but... Whatever. I will allow you to serve me, human. 「私はスカサハ=スカディである。神、いや、今は神霊の一種であろうな。本来人理の英霊としてサーヴァントになるはずはないのだが、まぁ良い。私に仕えることを許そう、人間」 TL
Bond Level 2
Do not address me simply as Scáthach. I am not her. Do not think of me as a Heroic Spirit in service of humanity like the others. So how should I be addressed? Hmm.... Address me as "Great Scáthach" with all due reverence. Do you understand? 「スカサハ、と呼び捨てにするのは止めるがよいぞ。それは私ではない。人理の英霊などと一緒にするでない。ならば何と呼べばよいか……だと? そうさな。ふむ。ではスカサハ様と呼ぶが良い。様付けだ。良いな」 TL
Bond Level 3
Hm? Wrong. I'm not Scáthach. I am Great Scáthach. I am Scáthach-Skadi. Look closely. you will notice the glow of my skin, far superior to hers!

...Uh. Never mind. Don't get too close to me. The warmth of human bodies is uncomfortable!

「うん? いや違うぞ。スカサハではない。スカサハ様じゃ。スカサハ=スカディである。見るがいい。肌のはりとか私の方が絶対勝ってる。はっ……やめよやめよ。むやみやたらに近づくでない。人間の熱を私はあまり好まぬ」 TL
Bond Level 4
Sooo hot...

Wh-what? Cut it out. Forget what you just heard. Die. Freeze and die. Turn to ice to cool me down!

「あつぅーぃ……はっ! な、なんじゃ。やめよ。今のは聞かなかったことにせよ。死ね。凍えて死ね。氷となって私をひんやりさせよ」 TL
Bond Level 5
Eng 「お前に、一つの秘密を明かしておこう……。異聞帯での私は多くの神々に愛され、求婚され続けた女神であったものの……気づけば、ラグナロクの果てに全ての神々は姿を消していた。私は北欧世界に残された最後の神になってしまったのだ。つまり……だから……だな? 行き遅れや婚期を逃した、といった言葉は、我が前で不用意に口にするでない。よいな? よーいーな! 返事!」 TL
Conversation 1
I desire ice cream. It is such a terribly delicious thing. Ah, don't you have something you should be doing? How long are you just going to stand around? 「アイスクリームを所望する。あれは良いものだ。うむ。……ところで貴様、仕事はないのか? いつまでこんなところにいる」 TL
Conversation 2
Don't your forget: You serve me. Heh. 「忘れるなよ。お前は、私に仕えているのだ。フフ」 TL
Conversation 3
Hey, Master. ...No. It seems wrong to call you "Master" as you are the one serving me. How careless of me. Forget what I said. 「おいマスター。……いや違う。私に仕えるのがお前なのだから、マスターと呼ぶのは何か違う気がする。うっかりしていた。うん、今の一言は忘れよ」 TL
Conversation 4
Requires Scáthach
Unbelievable... This other me looks so... dignified! 「嘘……向こうの私、凛々しすぎ……?」 TL
Conversation 5
Requires Scáthach (Assassin)
A-all that skin! That other me's exposing too much! 「は、肌を、出し過ぎじゃろう! あの私は!」 TL
Conversation 6
Requires Cú Chulainn
When I see him, something deep in my heart aches for some reason. Why is that? 「あれを目にすると、何故か胸の奥が疼いてしまうぞ。何故だ?」 TL
Conversation 7
Requires Queen Medb
Eng 「女王としての在り方は様々だ。ああいうものも悪くはないさ」 TL
Conversation 8
Requires Brynhild
Eng 「哀れな娘よ。大神の呪いは、今もあれを苛んでいるのだから」 TL
Conversation 9
Requires Valkyrie
Eng 「長姉の辿った道を、あれらも辿るのだろうか? この私には、関わりなきことだが──」 TL
Conversation 10
Requires Sigurd
Eng 「本物であろうな? ……ふぅ、本物か」 TL
Likes
Winter is nice. Life goes into a peaceful slumber. Spring is also nice. Life gloriously blooms. I quite like both, really. 「冬は良い。命が静かな眠りにつく。春も良い。命が華やかに芽吹く。どちらも良いものだ」 TL
Dislikes
I do not care for flames, though Odin did mention that they were necessary for humans... 「炎はあまり好かん。人には必要なものだとオーディンは語っていたが」 TL
The Holy Grail
I do not require the Holy Grail. I am a god. I do not make wishes. Wishes are made to me. B-but...if you insist, I wouldn't mind accepting one. 「聖杯なぞ不要。私は神だ。願うものではなく、願われるものである。……だ、だが、どうしてもというならもらってやってもよいぞ?」 TL
Event
(Snore) (Gasp) I wasn't sleeping. No, you're wrong! Ugh, what do you want, human? An event? Festivals should only be held as offerings to gods! No other sort should exist! 「zzz……ハッ!? 眠っていたわけではない! 違うぞ! まったく、何だというのだ人間め……イベント? 祭は神に捧ぐものだけでよい、他は捨て置け」 TL
Birthday
Eng 「ああ、言わずとも暦の概念は分かる。……そうか、お前が生まれた日か。命の芽吹きは、私の好むところだぞ。好きだ。──うむ、では願いを一つ口にせよ。特別に、かつて神々の女王であった私が叶えてみせよう」 TL